婚活成功のポイント

婚活で相手がなかなか見つからずに長引いていると、途中で投げ出したくなることがあります。最初は、絶対結婚相手を見つけるぞ!と意気込んで始めても、なかなか思うような相手が見つからないジレンマや、いろいろなタイプの人と合わせるストレスもあり、結婚しなくちゃという意識が強くなってしまい、だんだん自分を見失ってしまいます。

結婚相手を見つけるために覚えてほしいこととは、結婚相手を見つけて早く結婚したいということで、結婚自体を目的にしてしまわないということです。

結婚そのものがゴールなのではなくて、結婚生活で、素敵な相手との幸せな生活を送るようにすることです。最初は、結婚してから、どこに住みたい、子供は何人くらい欲しいか、旅行はどんなところに生きたいか、などなど、結婚してからどのような生活を贈りたいのか、ということが大事だったはずです。

このような具体的な結婚生活を考えますと、その目標に向かって頑張ろうという気持ちが生まれます。ですから、婚活にいやけが生まれたのであれば、こういった原点をしっかり思い出しましょう。

自分の結婚相手がどんな人で、その人とどんな暮らしを送っていきたいのか、具体的にイメージするとまた婚活の意欲が湧いてきます。漠然としたイメージですと、良い相手と出会っても先に進まなかったり、公開する場合もあるかもしれません。

ただ、イメージが具体的なのは良いことなのですが、あまりに理想が高すぎるのは問題です。今の自分の現状をよく考え、実現出来る範囲内で考えることが重要です。

女性は男性の年収を気にするものですが、良く求められる理想の年収は500万円~700万円くらいが多いと言われています。この年収は実は、未婚の50歳未満の男性でこのレベルの人は5%程度というのが現実です。

男性は、女性の理想では「料理が上手な女性」というケースが多いです。しかし、現代では、共働きが常識になってきているため、料理や洗濯を始めとする家事で女性にだけさせるちうのは時代遅れです。

仕事や家事も分担して、夫婦で協力していくという考えを持つことはもう当たり前になってきており、これを納得した上で婚活すると、チャンスがより広がります。

婚活への意識が高いことは良いことですが、相手にばかり多くを求めることは問題です。相手もいろいろ選んでいるという意識も大事で、自分磨きも忘れずに、客観的な視点も持った上で婚活を進めていくのがポイントえす。

 

婚活を成功させるためには、当初の目的を忘れずに、自分の状況もしっかり踏まえて行動することが成功の秘訣です。